ドッグフードの裏事情

愛犬の健康を守るのは飼い主さんの役割!

画像
画像

ドッグフード探しの為に!今はベストコンディション?

理想的なドッグフードを探す前に、今現在の愛犬の様子を確認してみましょう。
気になるのが体型です。
パッと見た感じ太っていますか?痩せていますか?
ちょっとポッチャリだけど、病気や足腰の負担を気にするほどではない・・・
そんなわんちゃんもいるかも知れませんね。
しかし、やはり理想的な体型というのは存在します。
常にベストコンディションでいる為にもドッグフードは重要な意味をなしますから、まずは愛犬の現在の体型を正しく把握してあげましょう。

まず、比較的少ないのですが痩せすぎているというパターンもあります。
皮膚と骨の間に筋肉がないという状況であったり、目で見て骨格の構造がハッキリとわかってしまう場合。
肋骨などが確認できてしまい、脂肪に覆われていない。
これらの状態であれば、痩せすぎであると言えます。
ドッグフードの栄養が足りていないという訳ではなく、寄生虫などの心配もありますから、すぐに動物病院へ連れて行く必要があるでしょう。

ちょっとやせ気味かな・・・という体型は、言葉で表現するのであれば、肋骨などの骨の突起にふれることが可能な場合。
最低限の脂肪しか付いてないかなという場合はやせ気味です。

理想的なのは皮下脂肪が少しだけついている状態。
肋骨はパッと見でわからないけど、触ってみると分かる・・・というくらいが丁度良い体型です。
腰のくびれが確認できるというのも一つの目安になるでしょう。

また、最近では人間と同様に犬も肥満になりがち。
ついついおやつをあげすぎたり、ドッグフードの給餌量を適当にしていたり・・・
犬であっても人間と同じように肥満は病気のリスクを高めると言われています。
犬は自分で食べる量を管理することができません。
飼い主がしっかりと管理してあげる必要があります。

例えば、上から見たときにくびれが全く確認できないという状態だと、それは間違いなく肥満の状態です。
すぐにでもダイエットhttp://storyassistant.com/15.htmlに取り組む必要があるでしょう。
(もちろん健康的にダイエットに取り組まなければいけません。)

日本では犬も三頭に一頭の確率で肥満だと言われています。
これは飼い主さんの認識不足や飼い主さんが肥満だと気付けていないという原因が多いのだとか。
まずは自分の犬の体重をはかってみましょう。
そして、理想的な体重は何キロなのか、かかりつけの獣医さんに聞いてみましょう。
犬種や年齢によっても理想体重は変わりますが、基本的にはインターネットでも簡単に確認できると思います。
しっかりとチェックして、愛犬をドッグフードで理想的な体型に改善してあげましょう。

Copyright© 2009 Dog Food Information All Rights Reserved.