ドッグフードの裏事情

愛犬の健康を守るのは飼い主さんの役割!

画像
画像

犬にとって危険な食材

愛犬を守る為に極めて重要な知識と言えるのが「食べてはいけない食事を知ること」です。
安全性が高いという理由から手作り食をつくろうと考えている人も少なくないかと思いますが、この知識を身に着けておかないと逆に愛犬を危険にさらすことになります。
微妙な栄養バランスの偏りも、毎日積み重なることによって安価なドッグフード以上に身体に負担をかけることになるかも知れません。
素人では作った料理に栄養価を図ることはできません。
だからこそ、十分に栄養バランスが検討されたドッグフードhttp://www.supreme-directory.com/fus.htmlの方が安全だと考える人も多いのです。

また、ここでは犬にとって危険な食材を挙げていきますが、これらを使わずに犬が必要な栄養バランスを整えるのは至難のわざ。
それが出来るのであれば問題はありませんが、殆どの家庭において「だったらドッグフードの方が良いかも…」と思ってしまうくらい手作り食は難しいものです。
最近では人工保存料や人工着色料などの添加物を配合せず、なおかつ、天然由来の成分で保存性を高めているものも沢山あります。
さらに原料に関しても人間用(=ヒューマングレード)のものが使用されているものも多いです。
そういった安全性の高いドッグフードと素人が作った中途半端に安全な手作り食。
(言い方は厳しいかも知れませんが事実だと思います。)
どちらが安全かつ健康的か考えてみてください。
それを踏まえたうえで、犬にとって危険な食材を紹介していきましょう。

第一に挙げられるのがネギ類です。
玉ねぎや長ネギ、ワケギ、ニラ、ニンニクなどが挙げられます。
これらには酸化アリルが含まれていて、体内の赤血球が壊れてしまいます。
結果、下痢や嘔吐、発熱などの症状を引き起こしてしまいます。
煮汁に使うのもNGです。

第二に挙げられるのがブドウ類。
犬がブドウを食べると中毒症状を引き起こしてしまいます。
腎不全の原因になってしまうので注意しましょう。
ブドウも干しブドウもNGです。

この他にも当たり前ですが、香辛料は摂取させるべきではありません。
胃腸への刺激が強すぎて下痢や嘔吐などを引き起こします。
キシリトール系のおやつも手の届かない場所に保管しましょう。
ごく少量だけでも血糖値が下がって嘔吐や肝臓の病気を誘発してしまいます。

この他にも鶏の骨などは注意が必要。
加熱されたものは特に骨が縦に割れやすくなっています。
誤って喉などに刺さってしまった場合は最悪のケースですが手術が必要になるでしょう。

これ以外にもまだまだ挙げられます。
十分な品質が維持できているドッグフードと比較して、安全性に関してはどちらが上と言えるでしょうか?

Copyright© 2009 Dog Food Information All Rights Reserved.