ドッグフードの裏事情

愛犬の健康を守るのは飼い主さんの役割!

画像
画像

手作り食は栄養面に不安

市販されている安価なドッグフードの原材料は劣悪なものばかり。
この事実を知っている飼い主さんは手作り食やプレミアムフードやナチュラルフードと言われるものに切り替えていきます。
これは決して誇張している訳ではなく、紛れもない事実です。
どんな劣悪な原料が使われているかと言うと、例えば、下記のようなものが挙げられます。

第一に挙げられるのが病死した畜肉。
人間用としては使うことができなくなったという理由でペット用にまわされてしまうのです。
また、人間の法律では使用できないほどの農薬を散布してしまった野菜。
抗生物質を与え過ぎて基準値をオーバーしてしまい、人間用としては使えない畜肉。
また、レストランから出る廃棄油などなど。
「ビジネス」として割り切ることができないと、そんなもの使えないだろう…
と思うような非常にリスクの高い原料ばかりが使用されています。
ペットが喜ぶからと飼い主は危険性の高いフードを知らず知らず与えてしまうのです。
こういった背景からアレルギーや病気を引き起こすというケースも少なくありません。

それ故に、この知識を得た飼い主は、安全性が高いであろう「手作り食」に移行するパターンが多いのです。
しかし、手作り食なら手作り食のデメリットがあります。
それが栄養面の管理です。
自由度は高いのですが、専門家が計算したレシピではないので、栄養バランスが偏りがち。
実際に手作り食を実践している人の多くはこんな悩みを抱えています。

「栄養は足りているのだろうか?」
これに対しては太っているか痩せているかなどの犬の見た目から判断したり、血液検査などを頻繁に行ったり、今まで以上に愛犬を観察するしか対応策はありません。

「好き嫌いから食べるものが偏りがち」
手作り食を試みる多くの飼い主の悩みと言えるでしょう。
一生懸命作ったのに、食べ物として認識してもらえないということもあります。
結果的に愛犬の健康を心配してつくっているはずの手作り食で栄養が偏ってしまうこともあるでしょう。

「カロリーや栄養バランスが不安」
カロリーはまだしも、栄養バランスについては素人では実現しにくいところもあります。
毎日続けていくうちに栄養不足・栄養過剰が際立ってしまうこともあるかも知れません。

これらのデメリットを踏まえると、やはりドッグフードの方が栄養管理しやすいと言えるでしょう。
人間用の原材料を使用し、人工保存料などの添加物が含まれていない人間も食べられるグレードのドッグフードは最近では増えてきています。
手作り食を経て、そういった安全性の高いドッグフードhttp://www.touchthesound.jp/annzenn.htmlに辿りつく飼い主さんは多い様です。

Copyright© 2009 Dog Food Information All Rights Reserved.