ドッグフードの裏事情

愛犬の健康を守るのは飼い主さんの役割!

画像
画像

アレルギーに気を付けて!

人間なら「アレルギー」はごく一般的に知られている症状ですが、実はアレルギーは犬にもあります。
特に気を付けておきたいのは市販の格安ドッグフードhttp://www.keepthelovealivetour.com/verycheap.html
また、手作り食の場合も知らないうちにアレルギー源となるものを与えてしまうかもしれないので注意が必要です。
ヒューマングレードの原料を使っていて、なおかつ原料が全て明らかになっているドッグフードを使うように心がけましょう。

基本的に犬であってもアレルギーの原因を特定するということは非常に難しいものです。
しかし可能性としては下記のようなケースも考えられるでしょう。
愛犬がアレルギーで悩まされている・・・という飼い主さんは参考にしてみてください。

まず、第一にチェックしておきたいのが食物アレルギーだけでなくアトピー性の皮膚炎も引き起こされているかもしれないという可能性です。
例えば、ハウスダストやカビなどなど生活環境による影響は人間だけでなく犬にとっても考えられます。
数年前に獣医師さんから聞いた話ですが、中には痒くて夜も寝つけないワンちゃんもいるのだとか。
痒みから皮膚をカキ壊してしまい、肌がますます荒れて敏感になってしまいます。
これがストレスにもつながり、結果的には新しい他の疾患につながる可能性もあります。
絶対に注意してあげたいところ。
ドッグフードに気を付けるだけでなく、お部屋を常に清潔に保つことも大事ということです。

また、食べ物がアレルギーの原因になっている場合は主に食品の中のタンパク質が原因になっていると考えられます。
もちろんこの他の食品成分がアレルギー源になる可能性もあるでしょう。
さらに言うのであれば、アレルギーではなく、他の要因から痒みや皮膚異常を引き起こし、アレルギー反応かな?と思うような症状が出てくるケースも考えられます。
いずれにしても、そういった症状が出てきた場合は原因をとことん追求する必要があります。
先述したようにアレルギーの原因を特定するということは非常に難しいこと。
しかし、それでも徹底して症状を引き起こしている要因・食物を割り出す必要があります。
そして、それを除去して症状を軽くしてあげましょう。

アレルギーの原因のひとつとして考えられる食品原料が「穀類」です。
市販されているドッグフードの多くは穀類を原料として使用しています。
しかし、犬にとって穀類は消化器官への負担も大きいですし、アレルギー源となることも分かっています。
まずは穀類の入っていないペットフードを探してみてください。
最近では穀類ゼロのドッグフードも増えてきています。

また、保管方法が悪いとドッグフードはすぐに腐ることがあります。

Copyright© 2009 Dog Food Information All Rights Reserved.